韓国技術ベンチャー財団は2003年より日本と韓国をつなぐ技術マーケティング事業を推進しています。
韓国技術ベンチャー財団
  | | | | | | | |
商談会案内
提供技術(シーズ技術)
募集技術(ニーズ技術)
日本特許登録技術
  韓国技術ベンチャー財団は。。。
韓国技術ベンチャー財団は2001年1月にソウルで設立されました。
韓国の中小・ベンチャー企業の育成とそれら企業の海外進出を支援する目的です。
2003年9月には東京事務所を開設し日韓の技術取引事業を本格的に開始しました。   詳細
新着情報  
2017年度 日本優秀技術シーズ募集 6/08
2017韓国国際環境エネルギー産業展出展企業の募集 6/02
2017年度日韓ビジネス交流・協力に関する需要調査 1/20
韓国商品商談会案内  
2016 日韓グローバルビジネス協力活性化フォーラム
2016 日韓グローバルビジネス協力活性化フォーラム が2016年12月1日(木)東京・機械振興会館で開催されます。− グローバル市場進出における日韓WINWIN協力モデル構築を目指して ーフォーラム詳細はこちらから!

· 日時 : 2016年12月1日(木)
· 場所 : 機械振興会館
2016 日韓技術マーケティング商談会
拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。この度、韓国技術ベンチャー財団では、地域産業育成・支援事業の一環として中小・ベンチャー企業の技術マーケティング及び輸出販路開拓等、日韓中小企業の相互発展を目的とする「2016日韓技術マ..

· 日時 : 2016年11月30日(水) 10:00~17:00
· 場所 : 機械振興会館
技術案件  
㈱T&L
○企業名:㈱T&L○技術名:創傷被覆材/湿潤Dressing製造・開発○技術概要/特徴 1)Hydrocolloid Dressing : 韓国初の開発と押出方式による製造で安定的で優れた品質を維持。韓国で唯一..
㈱パワーリパブリック
○企業名:㈱パワーリパブリック○技術名:無線電力転送ソリューション○技術概要/特徴・電線がないため,スマートな外観を維持できる。・電源供給装置と機器の間制約を克服。..
ジウォングリーンテック㈱
○企業名:ジウォングリーンテック㈱○技術名:隙間風を防ぐための張り紙○技術概要/特徴 隙間風を完璧に防ぐとても薄い張り紙 TPU素材の使用 環境に優しい 滑りやすい材..
㈱ウォンテックグロビス
○企業名:㈱ウォンテックグロビス○技術名:活性炭自動再生フィルター○技術概要/特徴・水処理現場で自動再生が可能 (活性炭の寿命延長):周期的な活性炭の取り替え作業..
(株)LMH KOREA
○企業名:(株)LMH KOREA○技術名:照明製品○技術概要/特徴  120W LED LAMP · AC LED 駆動方式(NO SMPS) · 2kv Surge & Flicker 回路開発Solution 保有 · デザイン開発能力保有 - E39 Socket type ..
   韓国技術ベンチャー財団
イベント開催 詳細
日本と韓国において定期的に商談会を開催しています。日本の商談会には毎回韓国から企業担当者が来日し、通訳を介して技術説明を行います。韓国では日本技術の紹介イベントを開催し、韓国企業やバイヤーが多数参加しています。
コーディネート活動 詳細
日本と韓国の双方に技術マーケティングを仲介するコーディネータを組織しています。コーディネータは大手企業OBやコンサルタントが中心で、案件によっては複数のコーディネータが連携する形で早期契約成立を目指しています。
パートナーシップ 詳細
日本と韓国の政府機関、公益法人等と連携した活動を行っています。
日本の協力団体
財団法人日本立地センター
全国イノベーション推進機関ネットワーク(イノベーションネット)
早稲田大学
産総研イノベーションズ
IBPC 大阪
岡山県産業振興財団
岡山リサーチパークインキュベーションセンター(ORIC)
日本電子機器輸入協会
芝パーク総合法律事務所
(公財)東京都中小企業振興公社 国際化支援室
一般社団法人機械振興会館
(財)千葉市産業振興財団
 
 
韓国の協力団体
中小企業庁
ソウル市
韓国科学技術研究院
ソウル市中小企業庁
韓国産業技術振興院
大韓貿易投資振興公社
社団法人韓国中小企業異業種交流連合会
京畿中小企業総合支援センター
 
全国イノベーション推進機関ネットワーク岡山リサーチパーク インキュベーションセンターマーコムインターナショナル中国地域水ビジネス推進協議会社団法人首都圏産業活性化協会
〒105-0011 東京都港区芝公園 3-5-8 機械振興会館 B107-2-1号
TEL:03-3436-1396 FAX:03-3436-1397 E-MAIL:ktvf@ktvfjp.com
Copyright 2006 Korea Techno Venture Foundation All Rights Reserved.