韓国技術ベンチャー財団は2003年より日本と韓国をつなぐ技術マーケティング事業を推進しています。
韓国技術ベンチャー財団
  | | | | | | | |
 
 
商談会案内
提供技術(シーズ技術)
募集技術(ニーズ技術)
日本特許登録技術
コーディネートお申し込み
お問合せ

募集技術(ニーズ技術)      韓国技術ベンチャー財団

登録年度 案件名/技術概要
使用後核燃料の輸送及び保存に必要な乾式容器(CASK)
  1.企業概要 1989年からエネルギー総合重工業の分野で以下の事業を行っております。 ①Onshore事業陸上で推進するProjectに関わるEngineering,Procurement,Construction,Commissioningを行う ②海洋/モジュール事業船舶または海洋構造物に関するEngineering,Procurement,Construction,Commissioningを行う事業(海洋プラント、Offshore)  ..
PECVD装備
1.企業概要 ディスプレイ、半導体、グリーン・エネルギー事業を専門とし、中でも以下の分野に特化した技術を持っています。   ①真空装備‐Dry Etcher, VAS②検査装備‐TFT AOI,CF AOI, Macro Inspection ③LED装備-MOCVD(Metal Organic Chemical Vapor Deposition)④製作工程   2.導入技術概要 <PECVD装備> 下記の技術を持..
ITO代替物質:CNT, Ag nano wire
 1.企業概要  ディスプレイ、半導体、グリーン・エネルギー事業を専門とし、中でも以下の分野に特化した技術を持っています。   ①真空装備‐Dry Etcher, VAS②検査装備‐TFT AOI,CF AOI, Macro Inspection③LED装備-MOCVD(Metal Organic Chemical Vapor Deposition)④製作工程 2.導入希望技術 <希望技術:ITO代替物質..
OLED装備:蒸着機、Encap装備
1.企業概要 ディスプレイ、半導体、グリーン・エネルギー事業を専門とし、中でも以下の分野に特化した技術を持っています。   ①真空装備‐Dry Etcher, VAS②検査装備‐TFT AOI,CF AOI, Macro Inspection③LED装備-MOCVD(Metal Organic Chemical Vapor Deposition)④製作工程 2.技術概要 <OLED装備:蒸着機、Encap装備> OLEDは..
高堅牢(洗濯4級以上)高深色(L値9.0以下)発現Sheath-Core typeの複合素材及び高感性メカニカルストレッチ製品
  1.企業概要 繊維分野を専門とする専門経営陣を含め、研究所及び生産現場において繊維分野を専門とする人材を起用しており、商品作りに日々努力をしております。中でも以下の分野において優れた技術を持っています。   <主な技術>技術① PET/co-PET 2種ポリマの組み合わせ及びSheath-Core Type複..
高堅牢(日光・摩擦)の反発単性が優れている高級自動車用の人造Suede 調の自動車内装材 (Seat-Cover, Headlaner)
  1.企業概要  これまで30年間培った豊富な事業経験と特化された技術を土台に韓国国内の車両内装材事業に取り組んでまいりました。現在は、海外進出を通して国際市場の自動車・車両内装材事業のリーダーとしての力を存分に発揮させるため、多角的なプロジェックトを推進しております。 当社の軸で..
EO(Electro Optic) Probe技術導入/SAR(Specific Absorption Rate)測定システムのValidation及びCalibration技術の共同開発
1.企業概要  携帯電話から発生するSAR(Specific Absorption Rate、電子波比吸収率)を測定するシステムを開発し、政府機関、大学、産業体、認証機関など様々な取引先がございます。また、電磁気場(電磁界)環境測定用役(鉄道庁、韓国電磁波学会、韓国電力公社及びその他の企業)と電子波政策研究用役(労動部、情報通..
スクリーンプリンティングを利用した 30 um 微細パターン回路具現
  1. 企業の技術現況 印刷技術を利用したプリンテッドエレクトロニクスタイプのフレキシブルプリント基板(FPCB)技術の開発は進めておらず、現行のロールツーロール方式ではなく、シート状プリンテッドエレクトロニクスFPCBの開発をハイセルが進めている。 従来のエッチングタイプFPCB工程のうち、回路形..
空気中の粒子状物質を取り除いたり、細菌を抑制する空気浄化技術
1.企業の産業分野現況 1-1. 該当産業の特性 当社は家電事業部門、IT事業部門、自動車事業部門に事業が分かれています。 下表は当社および従属会社の事業部門別現況を要約したものです。     生活家電事業は地域ごとに生活文化が異なることから強いローカル企業が存在し、品目別製品の特性と地域..
流量計加工技術又は検証技術
1. 企業の技術現況           2.導入希望技術分野   - 流量の精密測定のための技術及び設備装置 - 測定値に対する器機誤差を減らす技術 - 流量計検証のための新技術
電力受配電盤筐体製造技術
1. 企業の技術現況(該当技術関連) 1. 板金技術 ドイツ製NCT機を使用しており、曲げ(bending)作業はすべて手動。 NCT作業のためのトリミングプログラミング業務に深刻な工程遅延が頻発しており、製品デザインとNCTプログラミング業務の革新的な改善が必要な状態。 2. 組立・溶接技術 ほとんどの組立と溶接は手動..
特殊紙(無塵紙など)コーティング技術
1.企業の技術現況(該当技術関連) 特殊紙の中でも無塵紙および専用紙を専門とする加工業者。 2004年から2008年までハンソル製紙(株)の無塵紙コーティング賃加工を行い、 現在は無塵原紙を受け取って裁断・包装し、国内に供給している。   無塵紙は半導体、LCD、ソーラー工場などのクリーン環境で使用さ..
断線時に色が変わる自動車用ヒューズ
1.企業の技術現況(該当技術関連) ◎ 特許現況 - 国内 : 特許登録完了(特許番号 : 第10-1040973号) - 海外 : 米国、日本、中国への進出(出願)完了 ◎ 技術現況 * 現在自動車に使われているヒューズは、過電流などによって切れても 肉眼で確認できず、検査機器によってのみ確認可能   2.導入希望技術分野 ◎ ..
ツリガネタケの栽培技術および製品生産技術
1. 企業の技術現況(該当技術関連) 生コンクリート、アスファルトコンクリート用材料である骨材を生産している。 生コンクリート、アスファルトコンクリート会社で求める粒度(KS規定)、大きさ、強度、形状などが品質の基準であり、品質基準に適合する製品を生産するのが最高技術の鍵となるため、約10年にわ..
コンクリートブロック(エコ)関連の先進技術
1. 技術現況(該当技術関連) - 弊社はコンクリート排水路およびコンクリートブロックを生産しているKS認証取得企業で、現在国内で求められている水準の技術力は保有している。 しかし、将来は次第に環境にやさしく水質浄化機能のあるブロックなどがたくさん使用されるのではないかという考えから、今回の技..
ロータリー熱エンジン製造技術
1.企業の技術現況 1988年の設立以来、熱交換器とタンク、容器類を専門的に製造・供給してきており、LSエムトロンの協力企業として原子力発電所用HVAC(Heating, Ventilation, and Air Conditioning)設備を製作・供給している。 ●最近では有機性廃棄物(家畜糞尿)ベースのエネルギー資源化事業を推進しており、関連技術の検..
新再生エネルギーインバータ/コンバータ、貯蔵装置、制御装置
1.技術現況(該当技術関連) 1. 新再生エネルギー設置専門企業 ① 太陽光発電部門 - 太陽光発電設備の設置 - 太陽光発電団地の設計と施工 - 太陽光発電団地の運営とメンテナンス ② 風力発電部門 - 中小型風力発電機の製作 - 風力発電団地の設計 - 風力発電団地の運営とメンテナンス 2.導入技術分野 1. 新再生エネル..
愛犬用品
1. 企業の技術現況(該当技術関連) :流通業者として国内愛犬用品業界では上位グループに属しており、 製品をたくさん必要としている場所に供給中 1. オフライン - 動物病院、愛犬センター、ブリーダー : 現在350ヶ所以上 2. オンライン -子犬大統領、マジックパピーなどの大手ネットショップに出店 3. 自社運営ネ..
フッ素系撥水撥油剤、フッ素コーティング剤関連素材技術
1.企業の技術現況(該当技術関連) LED素材関連の高分子放熱技術 高分子設計・最適化技術 機能性粘接着剤の製造技術 2.導入希望技術分野 ○ 反射防止フィルムの低屈折コーティング剤 ○ 光ファイバ core 物質製造技術
高輝度LED用素材ほか
1.企業の技術現況(該当技術関連) LED素材関連の高分子放熱技術 高分子設計・最適化技術 機能性粘接着剤の製造技術 2.導入希望技術分野 高効率LED照明素材 高効率蛍光体 高耐熱性LED素材技術 染料化学素材(光学用、感光用、蛍光染料) 高容量、高安定性リチウム-二次電池用高分子電解質分離膜および電極素材 ナノ..
1234567
全国イノベーション推進機関ネットワーク岡山リサーチパーク インキュベーションセンターマーコムインターナショナル中国地域水ビジネス推進協議会社団法人首都圏産業活性化協会
〒105-0011 東京都港区芝公園 3-5-8 機械振興会館 B107-2-1号
TEL:03-3436-1396 FAX:03-3436-1397 E-MAIL:ktvf@ktvfjp.com
Copyright 2006 Korea Techno Venture Foundation All Rights Reserved.